劇場内での会話はひかえめに。

2021年1月18日

宝塚大劇場と阪急電車の朝

2021年1月。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっております。
劇場内での会話をひかえていただくよう、劇場内ではアナウンスが流れておりますね。
新型コロナウイルスが発生する前には、なかったことですよね。
わざわざアナウンスをするほどの大事(おおごと)なのです。

※新型コロナウイルス感染症の詳しい情報については、皆さまそれぞれで調べてみてくださいね。
現状を知って、私はぞっとしました。大切な人に、もしものことがあったらと・・・。

何故、会話をしてはいけないのか?

無症状の怖さ!これが大問題

風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりすると、あからさまに症状が出ることが多いですよね。
咳がでたり、鼻水がでたり、発熱したり。
傍から見ていても辛いのが分かります。

かかった本人も辛いのですが、何より大事なのは、他人に感染させないこと。
みんながダウンしたら、最悪じゃないですか。
おそらく、一家を支える立場(保護者)の方は、ものすごく実感されているのではないでしょうか。
また、管理職の方や経営者の方も、実感されているのではないでしょうか。

インフルエンザなんて、酷い咳がでたりするから、症状が出ている人に「休め!!」と言いやすいですよね。
また、家族など複数人で生活しているご家庭などでは、罹患者を隔離して、他者に感染しないように看病したりしますよね。

しかし、新型コロナウイルス感染症は、無症状で体に潜伏しているケースがあります。
無症状の人から、感染することがあります。

(医療に100%はありませんが、あえて「~だそうです。」という言葉は使わずに、言い切らせていただきます。)

重症化すると、入院が必要となり、病院内での隔離が必要になります。
また人工呼吸器など数に限りのある機械の使用が必要になります。
受け入れられる人数に、限界があるのです。

また、新型コロナウイルス以外の病気や怪我などで入院が必要な方へも影響します。
入院が必要な患者が増えれば、入院施設の数が不足し、
医療崩壊となってしまうのです。

意図せずに、誰かに感染させてしまうということ。

無症状ゆえに、自分自身が、新型コロナウイルスにかかっているのかが、分からないケースがあるのです。

『私が感染しないように予防する』だけではなく、
私が、誰かに感染させないよう予防する』ということが、
今、最も重要な考え方なのですよね。

もちろん、自分自身が感染しないように意識して予防することも大事です。

一人ひとりが、その考え方をしっかり持って、他者への感染予防対策に取り組むことが、巡り巡って自分自身を守ることになるのです。(そうあって欲しい。)

よって、劇場内での会話をひかえることは、
新型コロナウイルスにかかっているかもしれない私が、
会話や談笑で飛沫を起こして、
他の方々に感染させないようにするためなのですよね。

マスクを正しく装着しよう。

また、マスクをしていたら絶対に感染しないというのは、間違いです。
マスクを正しく装着することが大事ですね。
また、目からの感染もあります。
何よりも、マスクを正しく装着して、飛沫を起こさないことが、大事なのです。

手洗い・うがい・手指消毒。

石鹸による手洗い・アルコールなどでの手指の消毒も同様ですね。
私の手が触れたものに、ウイルスが付いているかもしれない。
その手指で感染を拡大させないように、何かに触れたら、手洗い・手指消毒をして、感染拡大を防ごうという行動なのですよね。

案内係は頑張っている。

劇場の案内係の方々が、会話をひかえるように案内板を持ってお願いをされていますね。
案内係の方も、好きで注意を促しているわけではないと思います。
入社した時には、そんな注意をしてまわる仕事だなんて思ってもみなかったと思います。

「仕事とはいえ、やりにくい事を頑張っておられる。」
そんな風に考えたら、
協力しよう!ってなりますよね。

もしも私が、友人と会話をして盛り上がってしまって、注意をいただいたときには、
素直に気持ちよく、
「失礼しました。ごめんなさい。」
って、答えたいと思います。もちろん飛沫防止の為に小声でね。
っていうか、しゃべるなよ・・・。

また、劇場内を見ていると、裏方のスタッフの方々も、客席外の通路を歩いているのを見かけます。
私たち来場客から、スタッフの方々への感染も、絶対にさせてはならないことですよね。

劇場内での会話をひかえて、みんなの感染を防ぎましょうね!

医療従事者の方々へ感謝と敬意を。

また、病院に勤務されている方々に、感謝と敬意を。
特に、病棟看護師の方々に。
本来ならば、私も観劇に出掛けず、自宅待機がBESTな選択だと分かっておりますが、
エンターテインメントの灯を消してはいけないという思いから、
出来る限りの万全を尽くして、劇場に足を運んでいます。(2020年12月の時点に本文下書き作成。)
あとは、劇団の判断に素直に従い応援します。

終わりに。

この投稿を、数か月後、数年後に読みかえした時に、
「こんな大変なこともあったなぁ。」と思える日が、早く来ることを願っています。